ダブルカラーとはどんなカラー?

質問内容

ダブルカラーとはいくつも種類があるものなのですか?ブリーチをしないでできるダブルカラーもありますか?

回答

ダブルカラーとは1度の来店で2回カラーする場合の全て指している場合が一般的です。求める仕上がりやベースの状態によってカラーリングの手法は異なります。

ダブルカラーの種類

①まずはベースとなるカラーリングを施します。ダブルカラーの場合は狙う色味を出すためになるべく明るくする事が多いです。

明るくするカラーには、

    • ブリーチ(1番明るくできる)
    • ライトナー(色素を持たない明るくするためだけのカラー)
    • 脱染剤(黒染め落としなど)
  • 通常の高明度カラー

などが挙げられます。

これらのカラーを混ぜ合わせる場合もあります。

②次に狙う色味を出していくためのカラーリングを施していきます。

やり方は主に2通りあり、

1つ目のカラーを流してそのままシャンプー台でカラーをしていくトナーというものと

通常のようにもう一度カラーをしていくやり方があります。

どちらかというと前者の方が、淡く色を発色させる場合に多く用いられ、後者の方がしっかりと色を入れたい場合に使われます。

ちなみにダブルカラーを希望されるお客様でダメージをきにされる方はとても多いのですが、

このダメージは2回カラーをするから出てくるというよりは、「1度目の明るくするカラー」のダメージがほとんどです。

2回目の色味補給のカラーは実はそこまで大きなダメージはでないものなのです。

ダブルカラーのメリットとデメリット

メリット

    • カラーのバリエーションが増える
  • オシャレな色が楽しめる

デメリット

    • お金や時間がかかる
    • ダメージが出てしまう
  • 色持ちが悪い

といったところです。

デメリットの面では「色持ち」が1番ネックになってしまいます。

特に1度目のカラーでブリーチを使用した場合は1~2週間程度で金髪のような色になってしまうことは珍しくなく、別の記事でも書きますが「特別なシャンプー」を使わなければけっこう厳しいかと思います。

また、ダメージも覚悟はしていたとしてもミディアムで3.4年、ロングで4.5年くらいはダメージを引きずることになってしまうので

ダブルカラーをする場合はそこにも注意すると後悔しなくて済むと思います(^^)

ちなみにカットルームカラーではブリーチを使ったダブルカラーはしておりませんのでご了承下さいませ。