上司との上手い付き合い方
オススメ&人気記事
スポンサーリンク

上司との上手い付き合い方

「上司との上手い付き合い方」

どんな職業の方も悩んだり考えたりすることはあるんじゃないでしょうか??

自分も最近、思うところがありまして

自分を見つめる事も兼ねて、本を読みながら勉強してるので

誰かの参考になればと思い書かせていただきます。

本来はこんな風にうまくつきあおう。なんて思わなくても

お互いが自立していて、思いやりの心があればそう難しい問題ではないと思うのですが

そうはいっても人と人の問題なので、知識として知っておいた方がいいなと改めて感じました。

・自分の気分で話をしない、聞かない。

当たり前のようでこれを100点取ろうとすると案外難しい。「自分はできている」なんて思っていうる人こそ要注意かも。人間誰しもその時の感情によって話をする、聞く態度は変わるものみたいなので、「完璧でない自分」に気づく事が第一歩かもしれません。

・自分がしたい事ではなく相手がしてほしい事は何かを考えて行動する。

業務においても、会話においても「相手目線」は基本中の基本です。常に上司が何を求めているかを感じ考えながら行動する事が大切。これはゴマスリや小手先のテクニックではなく、自分自身を磨く上でもかなり重要なポイントだと思います。

・相手の立場やその場面に応じた言葉遣い。

言葉遣いって難しいですよね。僕は苦手です。笑 昔からよく怒られました。心では思っていなくても言葉で悪い方に捉えられてしまう事は往々にしてよくあります。また、言葉に出てくるという事は心の部分にも少なからずみなおす部分があるのだと思います。例えば敬語がうまく使えないのはただの話すテクニックの問題だけではなく「相手を敬う」事が根本的に欠けていたり、間違った捉え方をしている可能性があります。自分はここを見て当てはまる部分があったのでなるほどな〜と思いました。

接客の3大ルール

1、自分がされて嬉しい事をする。

2、相手の立場に立ち相手がされて嬉しい事をする。

3、相手の大切なものを大切にする。

これとも繋がりますね♪

自分のために書いたようなものですが、役にたてば嬉しいです(^^)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

友だち登録してぜひ質問してください♪
友だち登録して質問をください☆
友だち追加

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。