美容室の転職に役立ちそうな知識
オススメ&人気記事
スポンサーリンク

美容室の転職に役立ちそうな知識

転職する時ってみんな迷いますよね。。。
今日は少しでも力になれればと。

ある程度業界にいてれば見えてくるのですが、
そこまで美容師歴がないアシスタントやジュニアスタイリストだと
「自分にどういったサロンが合うのか」ってなかなかわからないと思います。

なので簡単にでも美容室を5つのタイプに分けて考えることをお勧めします。

スポンサーリンク

①アシスタント有り・無し

まずはそれぞれのメリットを。

*アシスタント無しのサロンのメリット
・雇用条件が良くなりやすい
・教える時間がなくて済む
・自分のペースで仕事が出来る(もちろんある程度のスピードは求められるけど掛け持ちとかは基本無しが多い)
・手が空いてる時は基本的には自由

*アシスタント有りのサロンのメリット
・お客様+アシスタントの3人以上でワイワイサロンワーク
・教育に携わることで成長できることがある

②サロンの立地

基本的には郊外のサロンの方が営業終わるの早いです。
平日7時には帰れるとかはけっこうザラだったりしますよね。
郊外のサロンでも仕事帰りの女性をターゲットにしてるサロンはあるので、その辺は営業時間をチェックするとよいでしょう。

最近は都心部のサロンで営業時間長いけどシフトにして

実質労働は8時間になんてサロンもありますね。

③正社員or業務委託

特に女性にとっては業務委託の方がメリット大きいかなと思います。
税金とかの関係もあって、会社側からするとなかなか業務委託と同等の歩合を正社員に与えることは出来ない。
正社員の方が保証が〜とかよく言うけど、ほとんどの人にとっては気にする必要なし。
女性の場合は特に手取り増えた分貯金する方が断然メリット大きい。
家を買いたい、子供が数人いてる世帯主にとっては正社員の方が良い。

後、働き方でいうと基本的には業務委託のが自由なのは間違いない。
自由すぎて変なサロンもあると思うけど、1度業務委託で働いた人で普通のサロンに戻る人って滅多にいないイメージ。

なんだかんだでそれくらい業務委託の方が短期的なメリットは大きい。
美容師があまりにも業務委託に流れて行ってるのもあって、

最近は正社員でも条件のいいところも出だしてきましたね。

④店舗拡大するサロンor1店舗の個人経営サロン

これはどちらも色んな経営者がいてるので一概には言えないけど、
拡大しようとしてるサロンの方がちゃんとしてるからおすすめ。
1店舗の個人経営サロンのほっとんどは「上手くいってないから1店舗のまま」です。
すごくぶっちゃけた感じでいうとそんなとこで働いても未来ないなーって思います。

⑤ターゲットはどんなお客様?

美容師してて1番長く関わるのはやっぱりお客様なので、どんなお客様が多く来られているお店なのかは大切。
大きく分けると、
・年齢⇒10代後半〜20代、20代後半〜30代、40代以降、この3つのどれか
・トレンドサロン?メンテナンスサロン?
⇒カラーやカットでオシャレなデザインを売り出すトレンドサロン、ケアを重視するメンテナンスサロン。
ほとんどのサロンはどっちも混ざってますね。

だからやることが多くなって大変になっているのかもしれません。

転職で悩んでいる人にとって少しでも参考になれば幸いです(^^)




友だち登録してぜひ質問してください♪
友だち登録して質問をください☆
友だち追加

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。