美容師の仕事について思う事
オススメ&人気記事
スポンサーリンク

美容師の仕事について思う事

今日、後輩から美容師の仕事について相談を受けました。

相談と言っても重い感じではなく、割とフランクな感じでしたが

後輩とこうやって改めて話していると自分が忘れてしまっているような事だったり

この子はこういう風に思うんだなーっていうのがすごく分かって

考えさせられる事で相談を受けたこちら側が勉強になりましたね(^^;)

備忘録も兼ねて、、、

まずは「美容師としてこの先やっていけるか不安」

自分は不器用だし接客もそんなに得意ではない(見てる限り天然ボケではあるが苦手ではないタイプ)チェックにも合格する事が出来ず、このままいつになったらスタイリストになれるかもわからないし、なったところでたくさんのファン客をつかむ事ができなければ給料もあがらないし、、、とりあえず不安。

めっちゃよくあるパターンの悩みですね。

何人からこの悩みを聞いたかわからんくらい聞きましたね。でもこれって美容師かかわらず、どの仕事でも抱えるような悩みではないでしょうか。

やっぱネガティブな思考になっているときは、「ないもの」ばっかりが目につき

「今あるもの」や「何がしたいか」の思考が欠けているように感じますね。

自分はこういった悩みに対しては正直「よく考えていて偉いな〜」って思います。

自分の場合は本当にそういうのが少なくて、行き当たりばったりだったし、なんとかなるやろ〜みたいな感じでしたからね。

周りの人に恵まれていたのもあって将来のことに悩む事は少なくてそういった部分では

楽だったし良かったけど、後々苦労も多かったです。

特に管理職をしてたときはやめたい人の気持ちがよくわからず

時間が解決してくれるやろ、的な考えや

根拠なく「大丈夫やって!」とか「とりあえずがんばれよ!」みたいな。

あまり根本的な解決に手助けできなかったように思えます。

今度はしっかりと成長をサポートしたいですね!

どうしてもメンタル的な要素は強くなるけど、、、

絶対にあなたを必要としてくれる人はいる。

あなたが努力する事、人の役に立ちたいという気持ちを忘れなければ。

だからやるべき事をしっかりやればいい。

迷っている時間が勿体無い。

それならその時間をやるべき事に充てて成長したほうが良い。

だって例え職を変えたとしてもその問題を解決していなければ

形を変えて絶対に出てくるから。

今の段階では能力、スキルの問題よりも精神的なもののほうが大きいから

壁を乗り越える習慣をつけましょう♪

ということで、本当は書きたい事まだまだいっぱいあるけどこのあたりで。

やっぱ人に話をしたりすることで自分の考えが整理されるからいいですよね。

宣言する事にもなりますし。

次はもうちょいまとまった文章にしたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうざいました☆




友だち登録してぜひ質問してください♪
友だち登録して質問をください☆
友だち追加

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。